うずのくに公式通販サイト

ログイン

マイページ

ログアウト

買物カゴの中をみる

うずのくにHOME > 「うずのくに」からのお知らせ

淡路島たまねぎの最高峰!てっちゃんの淡路島たまねぎ晩生種もみじ3号が入荷しております!!

こんにちは!
淡路島玉ねぎ、淡路島の美味しい商品を買うならココ!うずのくに店長の飛田でございます。

淡路島たまねぎの苗、れんげ米コシヒカリに続き、淡路島濱田ファームのてっちゃんこと濱田哲司さんが育てた淡路島たまねぎ「てっちゃんの淡路島たまねぎ晩生種もみじ3号」がついに入荷いたしました!

数多くある淡路島たまねぎの品種の中で、淡路島たまねぎの名を全国区に押し上げたといわれるのが「中生種ターザン」と「晩生種もみじ3号」なんです!

淡路島濱田ファームてっちゃん画像

特に、晩生種もみじ3号は『淡路島たまねぎの王様』や『淡路島たまねぎの最高峰』と呼ばれ、
名前の由来は収穫の後、自然乾燥させると皮の色が綺麗な紅葉色になることから「もみじ」と名づけられました。

色艶、糖度、肉の厚み。どれをとっても一級品。

素晴らしいたまねぎなのですが、
収穫時期が遅い(田植えや梅雨の時期と重なり労働力不足になるため)、などと言ったデメリットから近年の淡路島ではもう少し収穫時期の早い中生種や中晩生種が好まれており、もみじ3号は敬遠され作付けが減少しているそうです。

ですが、てっちゃんは「良いたまねぎ」にこだわって、もみじ3号を作り続けています!

完熟淡路島たまねぎの画像

そして、南あわじ市松帆志知川 と言う、かつて海があった土地で作られているこのたまねぎは、

「高糖度で肉厚!」

前述の通り、保存性の高い淡路島玉ねぎです。カレーや炒め物、ピクルス、カレー料理など
にお使いいただくのがオススメです。

淡路島たまねぎを収穫するてっちゃん

新たまねぎしか食べない方に是非食べていただきたい
と思っております!!

詳しくはこちらから
晩生種もみじ3号入荷!てっちゃんの淡路島たまねぎ5kg/ザ!鉄腕!DASH!!、ちちんぷいぷいなどメディア出演多数の農家さん
http://www.uzunokuni.net/fs/uzunokuni/1001030501146

\冷めても美味しいれんげ米/てっちゃんのれんげ米コシヒカリが入荷いたしました!

こんにちは!
淡路島玉ねぎ、淡路島の美味しい商品を買うならココ!うずのくに店長の飛田でございます。

先日ご予約を開始いたしました淡路島たまねぎの苗と同様にお問い合わせを多くいただいておりました、うずのくにの契約たまねぎ農家さんである淡路島濱田ファームのてっちゃんこと濱田哲司さんが育てたれんげ米コシヒカリの販売を開始いたしました!!

てっちゃんが育てたお米。「れんげ農法」と呼ばれる昔ながらの栽培方法で育てました。

てっちゃんのれんげ米コシヒカリ

れんげ農法とは、、、
秋にれんげの種を植え、翌年の春にはきれいに咲いたれんげを土に混ぜ込み、田植えの前日まで何度もトラクターですきこみをし、土にれんげを馴染ませます。
そうすることにより、田んぼの栄養となる多くの窒素を含み田んぼを肥沃にします。

その肥沃な田んぼで化学肥料を使わず、農薬使用量も極限まで少なく育てました。

品種はコシヒカリ。「美味しいお米と言えばコシヒカリ!」と言われるほど甘み、旨みが多い品種です。

実はコシヒカリは、倒伏しやすい品種で台風シーズンということもあって淡路島では敬遠されており、倒伏しづらい「キヌヒカリ」という品種が多く育てられています。
ですが、てっちゃんはコシヒカリにこだわって育てています。

それは「やっぱり美味しい」から。

てっちゃんのれんげ米コシヒカリ

てっちゃんのれんげ米コシヒカリ

てっちゃんのれんげ米コシヒカリ

てっちゃんのれんげ米コシヒカリ

てっちゃんのれんげ米コシヒカリ

てっちゃんのれんげ米コシヒカリ

そんな美味しさを追求し、「土を育てる」ことからこだわったてっちゃんのれんげ米コシヒカリ、今年も入荷いたしました!

詳しくは、こちらから
http://www.uzunokuni.net/fs/uzunokuni/1001030101704

てっちゃんの淡路島たまねぎの苗のご予約を開始いたしました。

こんにちは!
淡路島玉ねぎ、淡路島の美味しい商品を買うならココ!うずのくに店長の飛田でございます。

お問い合わせを多くいただいておりました、うずのくにの契約たまねぎ農家さんである淡路島濱田ファームのてっちゃんこと濱田哲司さんが育てた淡路島たまねぎの苗のご予約販売を開始いたしました!!

詳しくは、下部に記載のURLから商品ページをご覧いただきたいと思うのですが、

[ご予約承り中]てっちゃんの淡路島たまねぎの苗(200本)
https://bit.ly/2Rxbjjg

正真正銘の淡路島たまねぎの苗です。

12 (2)

てっちゃんの淡路島たまねぎでお馴染みの農家さん

「てっちゃん」こと濱田哲司さんが播種、収穫した苗を今年も分けていただきます。

家庭菜園、グループ菜園などにピッタリ!

サラダで美味しい新たまねぎ「極早生種」「早生種」から

高糖度で加熱して極甘、保存性の高い「中生種」「晩生種」まで。

ご希望の種類をご用意いたします!

昨年、植えられた方からは「今年も綺麗なたまねぎができました!」と

嬉しいお声を頂戴しております。

美味しいのはもちろん、自分で育てるから安心・安全!

ご興味のある方は是非是非チャレンジしてみてください(^_-)

——————————————————–
[ご予約承り中]てっちゃんの淡路島たまねぎの苗(200本)
https://bit.ly/2Rxbjjg
——————————————————–

是非ご注文をお待ちしております。

\彩りやピクルスにおすすめ!/てっちゃんの淡路島赤たまねぎも売れています!!

こんにちは!
淡路島玉ねぎ、淡路島の美味しい商品を買うならココ!うずのくに店長の飛田でございます。

てっちゃんこと、淡路島濱田ファームの濱田哲司さん。
てっちゃんが育てる淡路島たまねぎは、春の新たまねぎから保存性の高い中生種、完熟淡路島たまねぎの晩生種さらには、冬の葉付き新たまねぎや白たまねぎまで多彩。

数多くいる淡路島玉ねぎ農家の中でもこれほど多くの種類を栽培している農家さんはほとんどいません!

そんなてっちゃんが自信をもっておススメするのが、

「てっちゃんの淡路島赤たまねぎ」です!

てっちゃんの淡路島赤たまねぎ

品種は、T-457と紅(くれない)の2種類を育てています。

赤たまねぎは、鮮やかな赤色が特徴で、サラダ・ピクルス・マリネなどの彩りとして使うのがおすすめです。

また、赤たまねぎには「アントシアニン」というポリフェノールの一種が豊富に含まれており、強い抗酸化作用があります。アントシアニンは、酢と反応して赤く発色する作用があるため、ピクルスなどにすると綺麗な赤色となります。

汁物や煮物に使うのはNG!色素が汁に溶け出し見た目が悪くなってしまいます。
主に生食で使用していただくのがおすすめです。

辛みが少ないと言われる赤たまねぎですが、新たまねぎほど辛みが少ないわけではありません。

てっちゃんの淡路島赤たまねぎ

ですので、新たまねぎの感覚で調理し食べるとどうしても辛みを感じてしまうことがあります。

その際は、
・氷水でサッとさらす(ただしこの方法だと手っ取り早く辛みが取れますが、同時に栄養分と風味がなくなってしまいます)。
・うすーくスライスしてからお皿やバットに広げて冷蔵庫で一晩保管する(栄養分と風味は残りますが、シャキシャキ感はなくなってしまいます)。
・ドレッシングやポン酢で辛みを和らげる(辛みがなくなるわけではありません)。

といった方法をお試しくださいませ。

※いずれの方法も一長一短ですので、ご自分のお好みに合わせた方法でお楽しみくださいませ(^^♪

淡路島濱田ファームのてっちゃんは、

・スライスサラダ
・スライスサラダ酢味噌掛け
・スライスサラダを焼いた厚揚げのトッピング
・甘酢漬け
・焼き餃子の具材
・野菜炒めの具材(スライスした赤たまねぎを他の具材を炒め終わって火を止めてから入れてサッと火を通すそうです)

などに使っているそうです♪是非お試しくださいませ!!

てっちゃんの淡路島赤たまねぎ

てっちゃんの淡路島赤たまねぎ。ご注文できるのはうずのくにだけ!!

てっちゃんの淡路島赤たまねぎ5kg/2018年収穫!!
http://www.uzunokuni.net/fs/uzunokuni/1001030102121

てっちゃんの淡路島たまねぎ収穫の様子を見せていただきに淡路島濱田ファームにお邪魔しました(^^)

こんにちは!
淡路島玉ねぎ、淡路島の美味しい商品を買うならココ!うずのくに店長の飛田でございます。

6/17にお邪魔いたしました迫田瞬さんの蜜玉収穫に続き、うずのくに契約農家さんである淡路島濱田ファームのてっちゃんこと濱田哲司さんのところにお邪魔してまいりました。

淡路島濱田ファームの田んぼ

お伺いすると、ちょうどてっちゃんとお孫さんのわくちゃんがたまねぎの掘り取り機を使って収穫の真っ最中!

淡路島たまねぎを収穫するてっちゃん

収穫前のたまねぎはと言いますと、、、

てっちゃんの淡路島たまねぎ

綺麗で大きな玉に育っています!

今日収穫している淡路島たまねぎは、新たまねぎとは違った晩生種と呼ばれる完熟たまねぎの収穫です。

てっちゃんによると、通常の淡路島玉ねぎは葉っぱが倒れてから1週間程度で収穫するのですが、てっちゃんはさらに長い2週間以上も土の中で完熟させるそうです!

完熟の見極めは、

茎の根元が「耳たぶほどの柔らかさ」になった頃がちょうどよいタイミングだそうです。

見せていただくと、確かに茎の根元が柔らかくなっているのがわかりました。

完熟淡路島たまねぎの画像

この完熟たまねぎは、小屋吊り乾燥とコンテナ乾燥を行い、ご注文に合わせて選別・磨き作業を行いうずのくにに納品していただきます!

てっちゃんの完熟淡路島たまねぎコンテナに入った画像

「今年も上出来、おいしい完熟たまねぎができました!ぜひお召し上がりください」
とてっちゃんも納得の出来!

淡路島濱田ファームてっちゃん画像

このてっちゃんの完熟淡路島たまねぎは、てっちゃんの淡路島新たまねぎの販売が終了する7月上旬ころから販売を開始いたします!

ご注文はこちらから
http://www.uzunokuni.net/fs/uzunokuni/1001030501146

淡路島たまねぎ、生産地別玉ねぎの特徴、甘くて、みずみずしく、やわらかい!

産地別玉ねぎの特徴

 

兵庫県(淡路島産玉ねぎ)

こんにちは!
淡路島玉ねぎ、淡路島の美味しい商品を買うならココ!
うずのくに店長の飛田です。

よくご質問いただく「淡路島たまねぎ、生産地別玉ねぎの特徴」をご説明いたします。

春の淡路島新玉ねぎ
9月の種まきから10月の苗植え、3月~5月に収穫を迎えます。春になり暖かくなると一気に大きく成長します。
極早生(ごくわせ)種・早生(わせ)種という品種が、新玉ねぎと呼ばれています。
新玉ねぎの特徴は外見が茶色の乾燥した皮ではなく、全体的に白く少し茶色の柔らかい皮が付いているのが特徴です。また、触った感じも柔らかく水分が豊富です。
基本的には春にしか食べることができない新玉ねぎは収獲後すぐに出荷します。また、辛みが少なく「甘い!やわらかい!みずみずしい!」といった特徴があります。
※長期保存には不向きですので、できるだけ早くお召し上がり下さい。
※辛みが少ないので、生食に向いています。スライスして玉ねぎサラダにすると美味しいです。
※同じ淡路島の中でも、玉ねぎの品種や生産者様、田んぼの土や肥料などの育て方によって味や品質が異なります。

極早生種の主な品種[極早生種]:スーパーアップ、スーパーリニア、浜笑、浜の宝、T-456、春いちばん、レクスター、アリオン、浜育ち、貴錦、センチュリー
早生種の主な品種[早生種]:七宝早生7号、七宝甘70
ホワイトたまねぎの主な品種[ホワイトたまねぎ]:ホワイトベアー

晩春以降の淡路島たまねぎ
9月の種まきから10月~12月の苗植え、6月~8月の収獲まで、寒暖を繰り返しながらじっくりと育てていきます。
淡路島は、年間を通じて瀬戸内海特有の温暖な気候に恵まれ、日光が当たる時間が長く、その気候・風土が玉ねぎの栽培に適しているといわれています。
また、淡路島たまねぎは、収獲後に玉ねぎ小屋へ玉ねぎを吊るし、長期保存のために乾燥させます。乾燥時に余分な水分がなくなり甘さが増すともいわれています。
他地域の玉ねぎと比べると、淡路島たまねぎの特徴は「やわらかさ」と「甘さ」と「辛みが少ない」という特長があります。
※柔らかさは約2倍、全糖含量は約4%多く、辛み成分は約4割少ない(JA全農兵庫)
※同じ淡路島の中でも、玉ねぎの品種や生産者様、田んぼの土や肥料などの育て方によって味や品質が異なります。あらかじめご了承ください。

中生種の主な品種[中生種]:ターザン、ターボ、ケルたま、うずしお、アンサー
晩生種の主な品種[晩生種]:ネオアース、もみじ3号、もみじの輝、
赤たまねぎの主な品種[赤たまねぎ]:T-457、紅、アーリーレッド

冬の淡路島新たまねぎ
淡路島では、新たまねぎは春に収穫されるのが通常なのですが、近年「セット栽培」と呼ばれる栽培方法で育てられ、冬に収穫できる新たまねぎ(葉付きたまねぎ)です。
セット栽培とは・・・
本来の収穫時期である春に種を蒔き、玉の大きさが1cm程度になったら一度たまねぎを掘り起こします。
そして、根と葉を切り落としてから冷暗所で保存します。そして、8月末に再び田んぼへ定植します。
そうすることにより、「疑似越冬※」で育てる栽培方法です。
このたまねぎの特徴は、葉っぱも美味しく食べられることです。玉の部分は新たまねぎと同様にサラダで、葉っぱの部分はお鍋の具材としてお使いいただくと美味しく召し上がることができます。
ただ、収穫時期が通常のたまねぎ苗の定植時期と重なるため生産者も少なく、市場にはあまり出回りません。地元の産直やスーパーなどで販売されるのがほとんどです。
※疑似越冬とは・・・冷暗所で球を保存することにより、たまねぎに「冬が来た」、夏の終わりの暑い時期に再び田んぼへ植えることによって「暖かい春がやってきた」と錯覚させることにより、たまねぎの成長を促進する栽培方法です。

主な品種[セット栽培用たまねぎ]:シャルム

淡路島たまねぎはこちらからご注文いただけます。
http://www.uzunokuni.net/fs/uzunokuni/c/onions

淡路島たまねぎを毎月お届けする「たまねぎ大好き頒布会プラスα(アルファ)」
http://www.uzunokuni.net/fs/uzunokuni/c/hanpu

 

・北海道産玉ねぎ
本州では秋にまいて夏に収獲するのが普通ですが、北海道の場合は春にまいて夏から秋にかけて収獲するところが、大きく違います。
北海道で代表的な玉ねぎは「スーパー北もみじ」という品種で、辛味が強く保存性に優れた玉ねぎになります。また「北はやて2号」という玉ねぎは「スーパー北もみじ」よりも辛みが少なく、やわらかめの玉ねぎです。

 

・佐賀県産玉ねぎ

佐賀県のたまねぎは、北海道に次ぎ第2位を誇り全国でも有数のたまねぎ産地です。

昭和37年にたまねぎの栽培が始まった佐賀県。昭和40年代後半には早く収穫するための技術の普及や収穫機・定植機など機械の導入が進み作付面積が拡大し、現在に至ります。

佐賀県のたまねぎは、3月中旬から極早生品種「貴錦」が出荷されると、その後は早生、中生、晩生と品種をリレーして出荷されています。
品種は、前述の「貴錦」をはじめ「レクスター」や「七宝早生7号」、「ターザン」など淡路島たまねぎと同様の品種も育てられています。

1 / 11

淡路島産たまねぎ生のサラダで甘い新たまねぎや、加熱料理で驚くほど甘くなる完熟たまねぎまで。旬の美味しい淡路島たまねぎをご用意しております。

たまねぎドレッシング一番人気の元祖玉葱和風ドレッシングをはじめ、甘い淡路島たまねぎのうま味を活かした美味しいたまねぎドレッシングをご用意しております。

淡路島玉ねぎスープ淡路島産たまねぎを100%使用した甘味と旨味を凝縮した「淡路島玉ねぎスープ」です。

お買い得セット人気の商品をまとてめご購入するとお得!
お友達と一緒にご購入してみては如何でしょうか。

たまねぎ加工品(ランキング)
淡路島のお菓子(ランキング)
ご飯の恋人たち(ランキング)

道の駅「うずしお」の実店舗「うずのくに」では、ここでしか買えないというオリジナルのおみやげ物を多数取り 揃えています。その中にはテレビ、雑誌等でも紹介されたオリジナル玉葱ドレッシング他、人気のおみやげ物からブームを呼びそうなおみやげ物まであります。

当店は、まず「お味見をして頂きお客様に納得して買っていただく」とゆうことをモットーとし、玉ねぎスープなど常に30種類以上の試食が並んでいます。

ショーケースの中には、皆様がお探しのおみやげ物や、当店オリジナルの商品等きっと見つかるはずです。
又、店内には淡路島のお土産はもちろん、おとなりの徳島特産の鳴門金時やすだちをはじめ、それらの素材を使用した徳島のお土産も数多く販売しています。

道の駅「うずしお」のご案内