うずのくに公式通販サイト

ログイン

マイページ

ログアウト

買物カゴの中をみる

うずのくにHOME > うずのくにブログ > 「中尾水産 鳴門海峡産 生わかめ」中尾水産様のわかめ加工場取材!!

「中尾水産 鳴門海峡産 生わかめ」中尾水産様のわかめ加工場取材!!

中尾水産わかめ
中尾水産様のわかめ加工場の取材をさせていただきました。
刈り取りから塩蔵わかめへどうやって加工するのか、早速お伝えします。
刈り取られたわかめを茹でた海水に投入します。海水をくぐったわかめは色鮮やかな緑色に!!
そのあと、冷水のプールに進んでいきます。

中尾水産わかめ
ベルトコンベアで水から上がってきたわかめをお母さんたちが素早い手さばきで茎の部分だけカットしていきます。これを別工程で加工したものが当店で販売している「茎わかめ」になるんですね。

中尾水産わかめ
わかめの旅はまだ続きます。
塩の入ったローラーで高速回転!!その後、重石を乗せられ水分を抜きます。筒状の謎の機械は!?
なんと、この機械の中をわかめが通ると小さな生き物(小エビなど)が取り除かれます!!

中尾水産わかめ
そのあと、手作業で不純物が無いか確認しながら重さを量り、鳴門海峡で育ったわかめをひとつひとつ手作業で袋詰めしています。

中尾水産わかめ
中尾さんが、大切にしている わかめの「品質」味わって確かめてみてください。
近年、食の不安から、わかめも高騰し、特に品質を問われています。
「うずのくに」では中尾さんのわかめを一押しします。中尾さんは、数千種類あるわかめの種から選定した種を使用。その種名は地元南あわじ市丸山港にちなんで「丸山種(まるやまだね」
中尾さんはその名づけ親。あえて自分の名前を入れずに地域の方も使用してくれればとの思いでこの名前を入れたみたいです。わかめの品質にこだわり、常に太陽の光が当たるようにできるだけわかめを水面で泳がせるようほぼ毎日ロープをひっぱる手間を惜しまず、愛情込めて育てたわかめ。
中尾さんの愛情たっぷりです!
太陽の光をいっぱい浴びて肉厚でコシのあるわかめをぜひお試しください。

鳴門海峡のわかめ漁場で漁師・中尾満男が葉質や香り等、より良くなるように研究して育てました。

原そう 鳴門海峡産 湯通し塩蔵
生わかめ(300g)(中尾水産)
http://www.uzunokuni.net/fs/uzunokuni/4582447850012


スタッフブログ

道の駅「うずしお」の実店舗「うずのくに」では、ここでしか買えないというオリジナルのおみやげ物を多数取り 揃えています。その中にはテレビ、雑誌等でも紹介されたオリジナル玉葱ドレッシング他、人気のおみやげ物からブームを呼びそうなおみやげ物まであります。

当店は、まず「お味見をして頂きお客様に納得して買っていただく」とゆうことをモットーとし、玉ねぎスープなど常に30種類以上の試食が並んでいます。

ショーケースの中には、皆様がお探しのおみやげ物や、当店オリジナルの商品等きっと見つかるはずです。
又、店内には淡路島のお土産はもちろん、おとなりの徳島特産の鳴門金時やすだちをはじめ、それらの素材を使用した徳島のお土産も数多く販売しています。

道の駅「うずしお」のご案内