うずのくに公式通販サイト

ログイン

マイページ

ログアウト

買物カゴの中をみる

うずのくにHOME > うずのくにブログ > 淡路島玉ねぎの種類「中生種(なかてしゅ)」保存に最適!自然乾燥後は甘味と旨味が増します!

淡路島玉ねぎの種類「中生種(なかてしゅ)」保存に最適!自然乾燥後は甘味と旨味が増します!

淡路島玉ねぎの種類「中生種(なかてしゅ)」 淡路島で、もっとも収穫される品種が、中生(なかて)種です。
中生種の玉ねぎは、保存(保管)状態によっては賞味期限も長く、長持ちで手軽に使える簡単便利な食材として重宝されています。

秋(9月末頃)に、苗床へ種をまき、10月頃から11月頃に田んぼに植え替えます。そこから寒い冬をじっと耐え、根をしっかり張ります。
暖かくなりだした3月頃から徐々に玉に栄養を貯め、5月~6月葉が倒れ始めれば収穫の合図です。
中生種は、これだけでは終わりません。さらにひと手間!土の中でじっくり完熟させ収穫された淡路島たまねぎは、まだまだ水分も多く、貯蔵性に長けているとはいえません。

淡路島玉葱 淡路島たまねぎ特有の美味しさ、貯蔵性の高さを出すために「たまねぎ小屋」に吊ったり、コンテナに入れ干す作業をします。どちらも風通しの良い場所に保存し、1ヶ月以上さらに完熟するのを待ちます。自然乾燥することで、色艶を際立たせ、甘みと旨味をより一層増します。

※通気性のある場所であれば、ある程度保存できる品種です。

自然乾燥して保存(保管)された玉ねぎは、甘みと旨味が強くなりカレーや炒め物に最適です。

淡路島たまねぎ一覧
http://www.uzunokuni.net/fs/uzunokuni/c/onions


スタッフブログ

道の駅「うずしお」の実店舗「うずのくに」では、ここでしか買えないというオリジナルのおみやげ物を多数取り 揃えています。その中にはテレビ、雑誌等でも紹介されたオリジナル玉葱ドレッシング他、人気のおみやげ物からブームを呼びそうなおみやげ物まであります。

当店は、まず「お味見をして頂きお客様に納得して買っていただく」とゆうことをモットーとし、玉ねぎスープなど常に30種類以上の試食が並んでいます。

ショーケースの中には、皆様がお探しのおみやげ物や、当店オリジナルの商品等きっと見つかるはずです。
又、店内には淡路島のお土産はもちろん、おとなりの徳島特産の鳴門金時やすだちをはじめ、それらの素材を使用した徳島のお土産も数多く販売しています。

道の駅「うずしお」のご案内