うずのくに公式通販サイト

ログイン

マイページ

ログアウト

買物カゴの中をみる

うずのくにHOME > うずのくにスタッフブログ

神戸新聞にて、道の駅うずしお(うずのくに)で販売している「灰わかめ」の記事が掲載されました。

道の駅うずしお(うずのくに)で販売している「灰わかめ」の記事が掲載されました。
神戸新聞
2014年4月29日(火)

灰わかめ
「鳴門灰干わかめ」は、鳴門海峡で育ったわかめを採取して、特別に作った灰をまぶして乾燥したわかめです。
保存にすぐれ、長期での保存にも適しています。
わかめの「色」「味」「香り」が変わらないように、特別な製法で作っています。

神戸新聞灰わかめ
※以下は、神戸新聞に掲載された記事になります。

————–

品切れになる鳴門海峡の特産
担い手減り数量限定も、香りと歯ごたえにファン多く

鳴門海峡の沿岸地域の特産「灰干しわかめ」が生産期を迎えている。担い手減少によって生産量が限られる一方、豊かな香りや歯ごたえを求めて島内の宿泊施設や全国のファンから引き合いが多く、毎年品切れとなる人気ぶりだ。

天然や養殖のワカメに灰をまぶして乾かした伝統的な食材。1年以上の長期保存が利くだけでなく、生産工程で加熱していないため磯の香りが楽しめる。

鳴門海峡の潮流が穏やかな時間を狙って天然ワカメを採り、すのこの上に一晩置いて脱水。朝、専用ミキサーに入れてかき混ぜ、活性炭の粉末にまぶす。棒に引っかけて数日間、天日干しにして出荷する。「水洗いして灰を落とす手間がかかる」として主婦から敬遠されるイメージがあるが、味にこだわる地元旅館や全国の食通などから支持される。

南あわじ漁業協同組合阿那賀支所(南あわじ市)によると、地域ではかつて数十の業者が生産したが、現在は5業者が担う。近年は生産量が減少傾向で、一般客からの注文に対応できないこともあるという。同支所長の米岡清一さんは「刺し身のつまや酢の物、みそ汁の具に使い、歯ごたえや香りを堪能してほしい」と話している

道の駅うずしおなど島内の観光施設で販売中。道の駅うずしお(0799-52-1157)

————–

灰わかめ(60g)
http://www.uzunokuni.net/fs/uzunokuni/seaweed/4560323220012

「中尾水産 鳴門海峡産 生わかめ」中尾水産様のわかめ加工場取材!!

中尾水産わかめ
中尾水産様のわかめ加工場の取材をさせていただきました。
刈り取りから塩蔵わかめへどうやって加工するのか、早速お伝えします。
刈り取られたわかめを茹でた海水に投入します。海水をくぐったわかめは色鮮やかな緑色に!!
そのあと、冷水のプールに進んでいきます。

中尾水産わかめ
ベルトコンベアで水から上がってきたわかめをお母さんたちが素早い手さばきで茎の部分だけカットしていきます。これを別工程で加工したものが当店で販売している「茎わかめ」になるんですね。

中尾水産わかめ
わかめの旅はまだ続きます。
塩の入ったローラーで高速回転!!その後、重石を乗せられ水分を抜きます。筒状の謎の機械は!?
なんと、この機械の中をわかめが通ると小さな生き物(小エビなど)が取り除かれます!!

中尾水産わかめ
そのあと、手作業で不純物が無いか確認しながら重さを量り、鳴門海峡で育ったわかめをひとつひとつ手作業で袋詰めしています。

中尾水産わかめ
中尾さんが、大切にしている わかめの「品質」味わって確かめてみてください。
近年、食の不安から、わかめも高騰し、特に品質を問われています。
「うずのくに」では中尾さんのわかめを一押しします。中尾さんは、数千種類あるわかめの種から選定した種を使用。その種名は地元南あわじ市丸山港にちなんで「丸山種(まるやまだね」
中尾さんはその名づけ親。あえて自分の名前を入れずに地域の方も使用してくれればとの思いでこの名前を入れたみたいです。わかめの品質にこだわり、常に太陽の光が当たるようにできるだけわかめを水面で泳がせるようほぼ毎日ロープをひっぱる手間を惜しまず、愛情込めて育てたわかめ。
中尾さんの愛情たっぷりです!
太陽の光をいっぱい浴びて肉厚でコシのあるわかめをぜひお試しください。

鳴門海峡のわかめ漁場で漁師・中尾満男が葉質や香り等、より良くなるように研究して育てました。

原そう 鳴門海峡産 湯通し塩蔵
生わかめ(300g)(中尾水産)
http://www.uzunokuni.net/fs/uzunokuni/4582447850012

中尾水産様のわかめの種付け作業を見学しました。「中尾水産 鳴門海峡産 生わかめ」

中尾水産わかめ
鳴門海峡の荒波の中で育ったわかめは、肉厚で今まで味わったことの無い食感です。
淡路島におけるわかめ養殖は、昭和36年頃から始まりました。
様々な研究が進み、昭和60年代には、西淡町(現南あわじ市)を中心に約1万トンを超える生産量になりました。
今では、全国でも有数のわかめ生産地として成長しました。

中尾水産わかめ
そして、淡路島は全国でも有数のわかめの生産地なんです!!
早速、南あわじ市阿那賀にある伊毘港におじゃましてきました。
到着すると、丁度わかめの種付け最中でした。
みなさんは、わかめをどうやって養殖しているかご存知ですか?
種付け作業を見学させていただきました。

中尾水産わかめ
大縄の間にわかめを挟んでいきます。
とても長い大網に等間隔にずっと…
取材に伺ったのは、12月。寒さの厳しい中で細かな作業の繰り返しはとても大変な作業です。こういった作業があってこそ、美味しいわかめを食べる事ができるんですね。

一味も二味も違う!!わかめへの情熱
わかめなんて何処でも一緒だと思ったら大違い!!
淡路島の中尾水産のわかめは全然違います!!
まずは、種選びから違います。
数千種類あるわかめの中から鳴門海峡の海に最適なわかめの種を選び名づけた名前は、南あわじ市阿那賀丸山地区にちなんで「丸山種(まるやまだね)」

中尾水産わかめ
そして、育て方にもこだわりが!!
わかめを植えてあるロープがたるまないように、ほぼ毎日ロープをチェックします。
水面近くにわかめを泳がすことで、太陽の光をおもいっきり浴びさせ、肉厚でコシのあるわかめに育てます。
ロープがたるんで、海の底でわかめを育てると太陽の光がしっかり当たらずパサパサで肉薄のコシ、弾力のないわかめになってしまうそうです。それぐらい太陽の光はわかめにとって大切なのです。

中尾水産わかめ
このわかめの間隔も60cmとこだわりあり。
しっかり太陽の光が行き届くように必要のない部分を刈り取ったり。
中尾さんは、わかめの品質という言葉を大切にしていました。
まだまだ、語りつくせないくらいわかめは奥が深いと中尾さんはおっしゃっていましたが、自分の名前が載る以上は本当にいいものを届けたいその想いが詰まったわかめです。

 

鳴門海峡のわかめ漁場で漁師・中尾満男が葉質や香り等、より良くなるように研究して育てました。

原そう 鳴門海峡産 湯通し塩蔵
生わかめ(300g)(中尾水産)
http://www.uzunokuni.net/fs/uzunokuni/4582447850012

 

1 / 11

淡路島産たまねぎ生のサラダで甘い新たまねぎや、加熱料理で驚くほど甘くなる完熟たまねぎまで。旬の美味しい淡路島たまねぎをご用意しております。

たまねぎドレッシング一番人気の元祖玉葱和風ドレッシングをはじめ、甘い淡路島たまねぎのうま味を活かした美味しいたまねぎドレッシングをご用意しております。

淡路島玉ねぎスープ淡路島産たまねぎを100%使用した甘味と旨味を凝縮した「淡路島玉ねぎスープ」です。

お買い得セット人気の商品をまとてめご購入するとお得!
お友達と一緒にご購入してみては如何でしょうか。

たまねぎ加工品(ランキング)
淡路島のお菓子(ランキング)
ご飯の恋人たち(ランキング)

道の駅「うずしお」の実店舗「うずのくに」では、ここでしか買えないというオリジナルのおみやげ物を多数取り 揃えています。その中にはテレビ、雑誌等でも紹介されたオリジナル玉葱ドレッシング他、人気のおみやげ物からブームを呼びそうなおみやげ物まであります。

当店は、まず「お味見をして頂きお客様に納得して買っていただく」とゆうことをモットーとし、玉ねぎスープなど常に30種類以上の試食が並んでいます。

ショーケースの中には、皆様がお探しのおみやげ物や、当店オリジナルの商品等きっと見つかるはずです。
又、店内には淡路島のお土産はもちろん、おとなりの徳島特産の鳴門金時やすだちをはじめ、それらの素材を使用した徳島のお土産も数多く販売しています。

道の駅「うずしお」のご案内