うずのくに公式通販サイト

ログイン

マイページ

ログアウト

買物カゴの中をみる

うずのくにHOME > うずのくにブログ > 中尾水産様のわかめの種付け作業を見学しました。「中尾水産 鳴門海峡産 生わかめ」

中尾水産様のわかめの種付け作業を見学しました。「中尾水産 鳴門海峡産 生わかめ」

中尾水産わかめ
鳴門海峡の荒波の中で育ったわかめは、肉厚で今まで味わったことの無い食感です。
淡路島におけるわかめ養殖は、昭和36年頃から始まりました。
様々な研究が進み、昭和60年代には、西淡町(現南あわじ市)を中心に約1万トンを超える生産量になりました。
今では、全国でも有数のわかめ生産地として成長しました。

中尾水産わかめ
そして、淡路島は全国でも有数のわかめの生産地なんです!!
早速、南あわじ市阿那賀にある伊毘港におじゃましてきました。
到着すると、丁度わかめの種付け最中でした。
みなさんは、わかめをどうやって養殖しているかご存知ですか?
種付け作業を見学させていただきました。

中尾水産わかめ
大縄の間にわかめを挟んでいきます。
とても長い大網に等間隔にずっと…
取材に伺ったのは、12月。寒さの厳しい中で細かな作業の繰り返しはとても大変な作業です。こういった作業があってこそ、美味しいわかめを食べる事ができるんですね。

一味も二味も違う!!わかめへの情熱
わかめなんて何処でも一緒だと思ったら大違い!!
淡路島の中尾水産のわかめは全然違います!!
まずは、種選びから違います。
数千種類あるわかめの中から鳴門海峡の海に最適なわかめの種を選び名づけた名前は、南あわじ市阿那賀丸山地区にちなんで「丸山種(まるやまだね)」

中尾水産わかめ
そして、育て方にもこだわりが!!
わかめを植えてあるロープがたるまないように、ほぼ毎日ロープをチェックします。
水面近くにわかめを泳がすことで、太陽の光をおもいっきり浴びさせ、肉厚でコシのあるわかめに育てます。
ロープがたるんで、海の底でわかめを育てると太陽の光がしっかり当たらずパサパサで肉薄のコシ、弾力のないわかめになってしまうそうです。それぐらい太陽の光はわかめにとって大切なのです。

中尾水産わかめ
このわかめの間隔も60cmとこだわりあり。
しっかり太陽の光が行き届くように必要のない部分を刈り取ったり。
中尾さんは、わかめの品質という言葉を大切にしていました。
まだまだ、語りつくせないくらいわかめは奥が深いと中尾さんはおっしゃっていましたが、自分の名前が載る以上は本当にいいものを届けたいその想いが詰まったわかめです。

 

鳴門海峡のわかめ漁場で漁師・中尾満男が葉質や香り等、より良くなるように研究して育てました。

原そう 鳴門海峡産 湯通し塩蔵
生わかめ(300g)(中尾水産)
http://www.uzunokuni.net/fs/uzunokuni/4582447850012

 


スタッフブログ

道の駅「うずしお」の実店舗「うずのくに」では、ここでしか買えないというオリジナルのおみやげ物を多数取り 揃えています。その中にはテレビ、雑誌等でも紹介されたオリジナル玉葱ドレッシング他、人気のおみやげ物からブームを呼びそうなおみやげ物まであります。

当店は、まず「お味見をして頂きお客様に納得して買っていただく」とゆうことをモットーとし、玉ねぎスープなど常に30種類以上の試食が並んでいます。

ショーケースの中には、皆様がお探しのおみやげ物や、当店オリジナルの商品等きっと見つかるはずです。
又、店内には淡路島のお土産はもちろん、おとなりの徳島特産の鳴門金時やすだちをはじめ、それらの素材を使用した徳島のお土産も数多く販売しています。

道の駅「うずしお」のご案内