うずのくに公式通販サイト

ログイン

マイページ

ログアウト

買物カゴの中をみる

うずのくにHOME > うずのくにブログ > 神戸新聞にて、道の駅うずしお(うずのくに)で販売している「灰わかめ」の記事が掲載されました。

神戸新聞にて、道の駅うずしお(うずのくに)で販売している「灰わかめ」の記事が掲載されました。

道の駅うずしお(うずのくに)で販売している「灰わかめ」の記事が掲載されました。
神戸新聞
2014年4月29日(火)

灰わかめ
「鳴門灰干わかめ」は、鳴門海峡で育ったわかめを採取して、特別に作った灰をまぶして乾燥したわかめです。
保存にすぐれ、長期での保存にも適しています。
わかめの「色」「味」「香り」が変わらないように、特別な製法で作っています。

神戸新聞灰わかめ
※以下は、神戸新聞に掲載された記事になります。

————–

品切れになる鳴門海峡の特産
担い手減り数量限定も、香りと歯ごたえにファン多く

鳴門海峡の沿岸地域の特産「灰干しわかめ」が生産期を迎えている。担い手減少によって生産量が限られる一方、豊かな香りや歯ごたえを求めて島内の宿泊施設や全国のファンから引き合いが多く、毎年品切れとなる人気ぶりだ。

天然や養殖のワカメに灰をまぶして乾かした伝統的な食材。1年以上の長期保存が利くだけでなく、生産工程で加熱していないため磯の香りが楽しめる。

鳴門海峡の潮流が穏やかな時間を狙って天然ワカメを採り、すのこの上に一晩置いて脱水。朝、専用ミキサーに入れてかき混ぜ、活性炭の粉末にまぶす。棒に引っかけて数日間、天日干しにして出荷する。「水洗いして灰を落とす手間がかかる」として主婦から敬遠されるイメージがあるが、味にこだわる地元旅館や全国の食通などから支持される。

南あわじ漁業協同組合阿那賀支所(南あわじ市)によると、地域ではかつて数十の業者が生産したが、現在は5業者が担う。近年は生産量が減少傾向で、一般客からの注文に対応できないこともあるという。同支所長の米岡清一さんは「刺し身のつまや酢の物、みそ汁の具に使い、歯ごたえや香りを堪能してほしい」と話している

道の駅うずしおなど島内の観光施設で販売中。道の駅うずしお(0799-52-1157)

————–

灰わかめ(60g)
http://www.uzunokuni.net/fs/uzunokuni/seaweed/4560323220012


スタッフブログ

道の駅「うずしお」の実店舗「うずのくに」では、ここでしか買えないというオリジナルのおみやげ物を多数取り 揃えています。その中にはテレビ、雑誌等でも紹介されたオリジナル玉葱ドレッシング他、人気のおみやげ物からブームを呼びそうなおみやげ物まであります。

当店は、まず「お味見をして頂きお客様に納得して買っていただく」とゆうことをモットーとし、玉ねぎスープなど常に30種類以上の試食が並んでいます。

ショーケースの中には、皆様がお探しのおみやげ物や、当店オリジナルの商品等きっと見つかるはずです。
又、店内には淡路島のお土産はもちろん、おとなりの徳島特産の鳴門金時やすだちをはじめ、それらの素材を使用した徳島のお土産も数多く販売しています。

道の駅「うずしお」のご案内