淡路島玉ねぎ「蜜玉(みつたま)」の生産者、迫田 瞬(さこだ しゅん)さんのご紹介!

こんにちは!
淡路島玉ねぎ、淡路島の美味しい商品を買うならココ!
うずのくに店長の飛田です。

いつも、甘くて、おいしい、淡路島玉ねぎ「蜜玉」を届けて下さる生産者の迫田さんをご紹介致します。
蜜玉(みつたま)

今年は、とびきり美味しい玉ねぎができました!
後味の"おいしさ"に感動です!

2012年 たまねぎ農家を始めて はや5年目。
昨年 結婚し奥さんも淡路島に。
今年2月12日、赤ちゃんも授かりました。

「蜜玉」を応援してくださるお客様のおかげです。
この子に食べさせたい安心安全はもちろん、日本一美味しい
淡路島たまねぎを育てる農家を目指します。

島の雇用 農業従事者をどんどん増やしていきます!

蜜玉(みつたま)
「日本一おいしい淡路島たまねぎ」を作りたい。一人でも多くの方々に、安全で安心な食材をお届けしたい。その思いを前職のラーメン店、アップロード株式会社のオーナー谷居にぶつけ出資を募りました。そして、アップロード株式会社が休眠させていた子会社を起こし、2012年7月には社名・定款を変更し淡路島希望食品有限会社を設立。
代表取締役に就任。取締役に谷居が就任。

いつも笑顔で明るく元気に働きたいという思いから、農場の名前を2525(ニコニコ)ファームと名付け、「日本一おいしい淡路島たまねぎ」を作る為、有機肥料100%で減農薬の特別栽培で2012年9月からたまねぎ栽培55aを開始。2013年6月に初収穫。道の駅うずしお、うずの丘 大鳴門橋記念館 限定のブランド「蜜玉」も完成。

2014年収穫のたまねぎには有機アミノ酸100%の液を苗から収穫まで何度もかけて、旨みの元であるアミノ酸の増幅に挑戦。

2015年には、前年同様のアミノ酸と海藻エキスを苗からかけ土にミネラルを供給しています。旨みの更なる向上とウイスキーのエキスを発酵させた麦芽発酵の100%有機肥料を使い、甘みの増幅に挑戦。

2016年はさらに本田だけでなく、苗床でも有機肥料100%で育てています。エグみや辛みを抑え、食べやすくするとともに、豚骨・牛骨を配合した特殊肥料を本田に入れることで栄養分をたっぷり吸収する強い根のたまねぎ作りに調整。

「日本一おいしい淡路島たまねぎ」を作る為、年々新しい取り組みを実施している。
これからも一人でも多くの方々に「日本一おいしい淡路島たまねぎ」を筆頭としたこだわり野菜を土づくりから考え、安全と安心を追及し生産をしていく。

淡路島たまねぎ一覧
http://www.uzunokuni.net/fs/uzunokuni/c/onions

 

-うずのくにブログ, 淡路島たまねぎ
-, ,

© 2022 うずのくに