うずのくに公式通販サイト

ログイン

マイページ

ログアウト

買物カゴの中をみる

うずのくにHOME > うずのくにブログ > 淡路島玉ねぎ「蜜玉(みつたま)」のご紹介!買って良かった淡路島玉ねぎ「蜜玉」!

淡路島玉ねぎ「蜜玉(みつたま)」のご紹介!買って良かった淡路島玉ねぎ「蜜玉」!

迫田 瞬(さこだしゅん)さん淡路島玉ねぎの生産者、迫田 瞬(さこだ しゅん)さんが「日本一の玉ねぎを目指して」育てている蜜玉のご紹介を致します。

蜜玉(みつたま)
100%有機肥料で育てた特別栽培の淡路島たまねぎ名前は「蜜玉(みつたま)」

甘みと風味が詰まった玉は、肉厚でやわらかな食感。
淡路島たまねぎの特徴が「みつ」

淡路島たまねぎを通じて、迫田さんは多くの出会いがありました。
人が集まる「みつ」

安心安全はもちろん、日本一美味しい淡路島たまねぎを目指す、
迫田さんの思いが「みつ」

多くの「みつ」が詰まった淡路島たまねぎを蜜玉(みつたま)と命名しました。

蜜玉(みつたま) 7つのこだわり

  • 牛糞堆肥がたっぷり入った土に、微生物肥料を加えることで酵素が発生。土の中の微生物を元気に活性化させます。そんな地力のある「良質の土」で、美味しく育てました。

  • 苗を植える本田(ほんでん)だけではなく、今年は苗を育てる苗床(なえどこ)にも有機肥料100%で育てることで、たまねぎ独特のエグミや辛みを抑え、食べやすくしました。

  • 消毒や除草剤を半分以下に減らし、有機肥料で育てたたまねぎ。同時に地下水汚染も減少することが!環境にもやさしい活動です。

  • 今シーズンは豚骨・牛骨の骨粉を配合した特殊肥料を本田に入れることで、栄養分をたっぷり吸収する強い根のたまねぎに育てました。

  • 天然成分100%海藻エキスと酵素を苗床からたまねぎに成長するまでの間に何度も吸収させることで、辛みやエグミをアミノ酸に促進。旨みが引き立つたまねぎに育てました。

  • 天然成分100%のアミノ酸有機液肥を何度もたまねぎに吸収させることで、アミノ酸の含有量を従来の2倍以上に引き出しました。

  • 2万年前の魚介類の化石を使用したミネラル豊富なカルシウム肥料を使って、病気に強く玉締りの良い元気なたまねぎに育てました。

蜜玉(みつたま) 従来の農家という枠組みにとらわれず、野菜をおいしく食べていただくためにできることを、考えていきます。お客様のライフスタイル全体を豊かなものにするために、土からキッチンまでを視野に入れながら、野菜を育てていくことを目標にしています。

バランスの良い土を耕し、健康な野菜を育てること、鮮度を保つための出荷・流通方法、その他をおいしく食すために料理。「つくる」から、「届ける」、「食べる」というステップまで、一切手を抜かない。

これまでのやり方では実現できなかったこと、常識に埋もれて手につけられていなかった方法など、取り組んでいく。
野菜を国や産地で選ぶのではなく、迫田瞬という生産者で選んでもらえるような、お客様とつながる関係性を築きたいと願う。お届けする野菜には最後まで責任をもっていたいという思いから。今まであたりまえとされていた、野菜の「当たり、はずれ」や安全性への不安を解消し、生産者の顔の見えるブランドづくり、野菜づくりを目指す。

淡路島たまねぎ一覧
http://www.uzunokuni.net/fs/uzunokuni/c/onions

 

 


スタッフブログ

道の駅「うずしお」の実店舗「うずのくに」では、ここでしか買えないというオリジナルのおみやげ物を多数取り 揃えています。その中にはテレビ、雑誌等でも紹介されたオリジナル玉葱ドレッシング他、人気のおみやげ物からブームを呼びそうなおみやげ物まであります。

当店は、まず「お味見をして頂きお客様に納得して買っていただく」とゆうことをモットーとし、玉ねぎスープなど常に30種類以上の試食が並んでいます。

ショーケースの中には、皆様がお探しのおみやげ物や、当店オリジナルの商品等きっと見つかるはずです。
又、店内には淡路島のお土産はもちろん、おとなりの徳島特産の鳴門金時やすだちをはじめ、それらの素材を使用した徳島のお土産も数多く販売しています。

道の駅「うずしお」のご案内