日本経済新聞「何でもランキング」にて「淡路牛玉ねぎカレー」が紹介されました!

こんにちは!
淡路島玉ねぎ、淡路島の美味しい商品を買うならココ!
うずのくに店長の飛田です。

日本経済新聞「何でもランキング」にて「淡路牛玉ねぎカレー」が紹介されました!
朝日放送「日本経済新聞 ~何でもランキング」
2013年2月16日(土)
27_1_expand

日本経済新聞「何でもランキング」の「ご当地レトルトカレー食べ比べ」コーナーで、うずのくにが開発した「淡路牛玉ねぎカレー」が全国10位を獲得いたしました。
最高の原料をもとに、絶妙に配合したスパイスが絡み独特の甘みと辛さを感じる淡路牛玉ねぎカレーに仕上げました。

日本経済新聞_淡路牛玉ねぎカレー

※以下は、日本経済新聞に掲載された記事になります。

【全国10位】淡路牛玉ねぎカレー (うずのくに南あわじ 兵庫)
糖度が高く香が良い淡路島のタマネギを使っている。ブランド牛の淡路牛が入り、まろやかな仕上がり。形がほぼなくなるまで煮込んだタマネギがルーに甘みを与えている。「たっぷり入ったタマネギがルーを滑らかにしている」

全国に2000種、果物入りも人気
地域の特産品を具にするなど、郷土色が豊かな「ご当地レトルトカレー」が人気を呼んでいる。定評のあるカレーを専門家に試食してもらい、ランキングした。
「ご当地レトルトカレーは全国に2000種類以上ある」。こう話すのは、カレー商品の開発などを手がけるカレー総合研究所(東京・渋谷)の所長、井上岳久さん。特産品の宣伝のために作られることが多く「その地域のレストランで同じようなカレーを食べられるとは限らない」(井上さん)という。

ご当地カレーを多く扱うスパー「北野エース」を全国で展開するエース(兵庫県尼崎市)のバイヤー、小野健さんによると「最近はイチゴなど地域の果物を入れたカレーがよく売れている」

レトルトカレーは、白米以外のご飯と合わせてもいい。料理研究家の町田えり子さんは「ルーの風味を生かすには米2合にターメリック小さじ5分の1と塩2つまみ程度入れて炊く」と話す。

インド料理研究家の渡辺玲さんは「コリアンダーやクミンなどの香辛料やココナツなどが入っているルーはエスニック風で、塩とバターを加えたターメリックライスが特に合う」と説明する。五穀米や玄米などで試してもいいだろう。

淡路牛玉ねぎカレー(中辛)(200g)(化学調味料無添加)
http://www.uzunokuni.net/fs/uzunokuni/onion_curry/4560323223013

淡路島ご当地カレー一覧はこちら
http://www.uzunokuni.net/fs/uzunokuni/c/onion_curry

-うずのくにブログ, メディア紹介情報
-, , , ,

© 2022 うずのくに